Daily&Weekly SMAC

かぐらスプリングセッション:5 20170503-04

0 40

初日、今シーズン初となる、奥只見へお出掛けしました。

例年は4月に行くことが多かったのですが、今回はGWに。

縦溝が多く少し滑りにくい状況でしたが、練習には最適でした。

ポジション、足首の緊張、アップダウンの雪面状況への対応などなど。

しっかりした外足荷重、回旋操作。

ポジションをキープするための内足曲げたたみ。

とてもいい練習ができました。

2日目は、かぐらBCへ。

中尾根北斜面を標高差200mを落として、三角ピークへ登り返し2000m付近の南斜面と北斜面。

昼過ぎには、気温が高くなり雪が緩んで足元が沈む状況になった時、切り換えのタイミングの難しさを体感。

足元を沈ませながらタイミングよく身体を落としていくことが必要です。

また、細いラインへの荷重を心がけましょう。

ノッキングが大きくなっていく状況では、特に大切なポイントです。

シャープに、柔らかいザラメへチャレンジしましょう!!

さあ、立山です。

01 02 03 04


About the author / 

Snowy Mountains Academy

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

TOPICS

★年末年始少し登りますがパウダーエリアが待っています!

◆パウダー&ハイクアップセッション
クリスマスから年末のセッションは、サイドエリアとシンと静まる第5エリアを登って滑ります。この時期ならばこその良いものがあります。

◆パウダーセッション本格化
年始は第5リフトの稼働(予定)をフル活用してパウダーを滑りまくります。午後から少しだけ登ります。

◆初参加の方に特典サービス

携行品が無くても楽々参加可能。ファットスキーレンタルが特別価格。こちら>>>